断片的なものの社会学

なんなんだろう。

 

そこにストレスを感じることに嫌になる

 

自由に生きることが自分にとっての生きることだと思う

 

干渉されないむしろ干渉する

 

そのコードから抜け出し俯瞰して見える世界にいたい

 

一人でいい

 

求められるものはなんなんだろう

 

ただ生きるだけでは生きれない制約が伴う

 

ここから抜け出すには何が最善であるのか

 

この感度は、形にして本物だと思う

 

この感度だけは、誰にも邪魔されない、人目を気にしないほど自然にある

 

なんなら感度で生きれればいいと思うけど

 

いかんせんこの感度は受け身そのもので

 

動くにいかんせん勇気が伴う

 

まだその勇気が伴ってない

 

というかなんだろう。よくわかんない正直

 

どうにかしてこの感度を最大限解放して

 

ありのままを感じてみたい